トップ

パートナー暮らしでのトラブル

誰かと一緒に暮らす

クリエイティブ

パートナー暮らしに対処する

一人暮らしは、自由で気ままに過ごせますが誰かと一緒に生活をするとなるとそういうわけにはいきません。例えば、家賃の節約の関係で友達とパートナー生活をすることがあるでしょう。しかし、血の繋がらない性格の異なる二人が一緒にパートナー暮らしをすると、時にはトラブルが発生することでしょう。では、パートナーとの違いにどのように対処することが出来るでしょうか。それは、パートナーとよく話し合うことです。さらに、自分の考えや主張を前面に押し出さないことも大切でしょう。譲れるところは譲ってお互いのことを思いやりましょう。そうすればうまく対処できます。

快適さの違いは何で決まるか

充実している生活と充実していない生活では何が違うかと言うと、大まかに言うとメリハリのつけ方です。例えば、暮らしの中でやらなければならないことはたくさんありますが、それを休まずやり続けていたら大変です。体調が悪くなって、しばらくできなくなることも考えられます。仕事場や学校で休憩時間、休み時間が存在するように、暮らしの中にも適度な休憩を取り入れていくことが、大きな違いを生みます。時間を決めて少しずつ行うようにすれば、変な疲労感を伴わずに取り組むことができるものです。休憩し過ぎることに注意さえすれば効率が良いものです。

↑PAGE TOP

© Copyright パートナー暮らしでのトラブル. All rights reserved.